STEP公式 | 子育て・しつけ・親子関係でお悩みは、子どもにやる気を持たせる「STEP勇気づけセミナー」

STEP
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
お問合わせ・申し込みフォーム
ブログ
2015年09月28日 [子育てコラム]

私のSTEP受講体験

「100点のテストを早くお母さんに見せて褒めてもらいたい!」

小さい頃の私はそのように思う子どもでした。
逆にテストの点が悪いと、家に帰りたくないほど憂鬱な気分になりました。

成績が悪いと、母親の機嫌がとても悪くなり、私の存在そのものを否定するかのようなふるまいをしました。 それは褒められる以上に辛く、自分は成績が悪いと価値のない人間なのだと思うほどでした。

成績が下がって価値のない人間になりたくない、という恐怖心から私は勉強をしました。とにかく成績さえよければ母親の機嫌はよく、私は居心地がよかったからです。

そんな母の口癖は「子どもをしっかり育ててこそ、立派な母親なのだ」というものでした。 しっかり育てるというのは、子どもをいい学校、いい会社に入れることを指していました。

私はこの親の価値観でがんじがらめになり、辛い思いをしました。特に偏差値で人を評価するという価値観に苦しみました。いつも人と比べることでしか幸せを感じることができなくなってしまいました。人より優れていることが何より価値のあることだとずっと信じていました。母親の価値観が子どもに与える影響がどれほど大きいかを感じます。

いま私自身が母親となり、自分の母親のようになりたくないという気持ちを強く持っています。しかしどのように育てたらよいのか、その答えを知りませんでした。正解はないからです。

そんな折、今年の6月から9月まで、私はSTEPの基本コースを受講しました。横川リーダーのもと4名のグループでディスカッションを行いました。

しかし今まで何とかやってきた子育ての中で、現状何か問題が表面化していると感じてはいませんでした。ところがイライラすることもあるし、子どもを何とか自分の思い通りにさせたいという気持ちもあります。次女の困った行動や、長男の毎朝「保育園に行きたくない」というのもも直りません。問題を問題と認識しない、または見て見ぬふりだったことも多くあったことがわかりました。

感情を抑えることや、口数を減らすことは難しく、まだSTEPのほんの一部しか実践できていません。それでも自分の価値観を変えられるかもしれないという希望を見出すことができました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop