STEP体験談 - STEP公式

STEP
  • 個人情報保護方針
  • よくある質問
STEP
STEP
2016年07月28日 [STEP体験談]
夏休みに入り、子供たちと共に過ごす時間が多くなっていますね。
きちんとした生活習慣を身につけさせたくて、ついガミガミ言ってしまいますが、子ども達はそんな親の思惑通りに動くはずもなく、イライラしていたりしませんか。

今回のSTEP実践記は「お母さん、なんでいつも怒ってるの?〜 親としての自信を取り戻して 〜」というタイトルです。

がみがみ小言を言ってしまう、という毎日の繰り返しの中、お嬢様がピアノの練習中に右の指が動かなくなってしまうという「心因性」の診断を受けてしまいます。その数ヵ月後、今度はご自身にも症状が出てしまい、子育てをしている自分がいやでいやでたまらなくなってしまいます。お母様は今までのご自身の子育てを振り返り、子どもに相当な心理的プレッシャーを与えていたことに気がついたのです。そんな時にSTEPに出会われ、子どもを信じて励ましながら温かく見守る事の大切さに気づかれます。

ささいな日常の積み重ねですが、励ましながら見守ることの大切さを感じます。心身ともに大きく成長出来る夏休みに親子関係を見直されてみてはいかがですか?
ご希望の方にはお送りいたしますので、このブログのコメントやお問い合わせフォームからご一報くださいませ。
----------------------------------------------
STEP体験会のお知らせ

日時 2016年8月23日(火)10:00〜12:00 
場所 川崎生涯研修センター お問い合わせ tel:044-541-2505 
公式HP;http://step-yuukiduke.com

2015年11月20日 [STEP体験談]
先日、久々にSTEP実践記を発行しました。全国のSTEPリーダー様には順次発送しています。

今回のSTEP実践記は「息子が『ありがとう』を言うように変わった〜中三受験生にも効果的だったSTEP〜」というタイトルです。息子さんの受験という大きな試練を前に、しっかり向き合っているお母様の体験談です。勉強しなさい、と言ったところで、子どもはそう簡単にやる気を出してくれません。また親の考えを一方的に押し付けると、子どもは強迫観念にかられらり、人の顔色をうかがったり、反抗心が芽生えたりします。

実践記の中で、お母様は大変根気よく息子さんと話し合いをされています。子ども本人が納得しなければ、前には進めないからです。STEPを実践するには、つねに「根気よく」が大切なのかもしれません。同じように受験生をお持ちのお父様、お母様にも是非読んでいただきたいと思います

ご希望の方にはお送りいたしますので、このブログのコメントやお問い合わせフォームからご一報くださいませ。
----------------------------------------------
STEP体験会のお知らせ

日時 2015年11月26日(木)一部:10:00〜/二部:18:00〜 場所 川崎生涯研修センター お問い合わせ tel:044-541-2505 公式HP;http://step-yuukiduke.com

2015年03月02日 [STEP体験談]
今回はSTEP勇気づけセミナーを受講された大阪府在住の松平恵子さんの体験談をご紹介します。「STEPニュース 勇気づけ」誌から一部を抜粋します。

子どもは現在27歳と15歳。STEPに出会ったのは下の子がまだ小学生の頃でした。

心理学が大好きで、昔からいろいろな本を読み漁っていました。それを活用して、それなりにうまくいっていたように感じていたのですが、何かが足りないような気がしていました。その足りない”何か”が、STEPに出会い、その理論を学び、「これだ!!」と思ったのです。<中略>


その当時、小学一年生だった下の子がすぐにキレ、怒りを爆発されて私に八つ当たりしてくるのが悩みだったのです。後ろからいきなり殴られました。体もおおきくなり。力も強くなった息子に、私は子どもを叩かないのに、なぜこの子は、私を殴るのだろうと悩みました。・・・・(つづく)

続きをお読みになりたい方は「STEPニュース 勇気づけ」誌をお送り致します。ご遠慮なくご連絡ください。お電話(044-541-2505)又はこちらのフォームから。(グループダイナミックス研究所のページに飛びます)

このページの先頭に戻る