岡崎市「六名ルーム」のブログ | 子育て・しつけ・親子関係でお悩みは、子どもにやる気を持たせる「STEP勇気づけセミナー」

STEP
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
お問合わせ・申し込みフォーム
ブログ
2018年07月02日 [Default]
【どう違うの?】
〜やはぎSTEP第3章〜

メンバーさんから質問。
?主導権を握りたい子どもに、親がしてしまいがちな反応「子どもと争うか、あるいはやりたいよにさせる。」
それに対して、よりよい親の対応方法は、「子どもとの争いから身を引く。」
何が違うの?

確かに、状況は似ている。争っていないという点は同じだ。
ビデオカメラで撮影すると、あまり変わりはないかもしれない。

しかし、大きく違うところがある。

それは、親の信念。

前者は、親が子どもの主導権争いに巻き込まれ、独裁的な気持ち 言動の果てに、
最後の手段として、「やりたいようにさせる。」独裁では押さえ込められず、今度は放任的な態度で突き放している。
勝つか負けるか、負けそうならば無視をするという罰を与える。感情としては冷え切り、お前のことは、もう知らない!という無視する気持ちといえる。

後者は、子どもとの関係をこれ以上悪くしないために、今は「争いから身を引く。」
それは、子どもを尊重しているから。言動とその人を分けて考え、信頼と愛情が基盤になっている。時間を置くことで子どもが落ち着くかもしれない。何より、子どもの感情のウズに巻き込まれ、状況が悪くなるのを避けることができる。無駄に傷つけあったり、
仕返し合戦にならずにすむ。民主的な親の行動である。

1章、2章で親である私の感情をじっくりみる、という方法と、子どもの言動を理解する、という方法を紹介した。
「怒らない」という表面的なことにこだわることよりも、
まずは自分の信念を知り、必要ない信念は手放していくことで、
感情に振り回され、あとで罪悪感を感じて苦しむ、という悪循環には陥らずに済むようになる。
そうすると、どんなに自分が勇気づけられることか!!

当たり散らしてしまった時、傷つけるのは相手だけでなく、
その感情の刃は、自分を一番傷つけている。

民主的に行動するのは、正直、めんどくさい面もある。
だが、全てが落ち着いた時に感じる、
しみじみとした心地よさ、温かさは、
何ものにもかえられない。
自分への信頼感。

それは、見えないけれど、日々の行動の支えとなり、その積み重ねが人生となる。





2018年05月17日 [Default]
【自分の気持ちを丁寧に感じる】
〜いるかビレッジSTEP体験会〜

自分の感情なんて、押さえるのが当たり前?
感情をいちいち出していたら、社会人としてやっていけないでしょ?

「常識」はそんなところだろうか?

STEP第1章では、親が自分の感情をきちんと感じとり、子の言動の目的を探っていく。
「親である私の感情をみることが、なぜ子どもの目標につながるの?親なら、自分の感情をしまっておいて、正しく振る舞うべきじゃないの?」
STEPに通い始めた頃、そんな疑問がぐるぐる回っていた。

けれど、日々の生活の中で、「気持ちに注目」していくことの心地よさを何度も体験し、
その効果も感じられるようになった。

感情を丁寧にみることは、感情に振り回されることとは違う。
感情に振り回されているときは、実は、自分に共感できていない。
「あ、今 わたしは何だかイライラしているな」
と自分で感じることができたら、自分の後の行動を選択できる。

ゆうべ、夕飯の支度をしていて、急にイライラッときた。
まだ、何も口に出さないけど、このまま反応してると、八つ当たりしてしまいそう。
「今日は西尾まで運転、往復4時間。意外と疲れたんやわ。
そうめん 湯がき終わったら、横になろう。自分は夕飯ぬこう。」
そう決意して、家族に告げて、寝室に入り、横になった。
二時間ほど寝て、起きると、子ども達は寝る時間。
何とかできる家事は やってくれて、できないものはそのまま。
横になったことで私の疲労感は軽くなり、ケンカにもならず、気持ちよく夜を迎えた。
一つ、ケンカを回避できた、と嬉しかった。

いるかビレッジでの体験会では、
「感情」に注目する時間をとった。
感情には、イヤなものがもちろんあり、それをあえて注目するには
勇気が必要だし、苦しみも感じる。
だけど、講座で会える仲間たちの存在が、その勇気を支え合う。
出席して下さった三人の女性のみなさん。
初対面だったけれど、初対面だからこそ?
子育て〜夫婦間〜ご自分の生い立ち〜深く内面的な話題にもなった。
こうして、ありのままの自分の思いを、安心して話せる場をつくることが、
今の私が取り組みたいこと。
三人の女性のみなさんが来てくださり、話してくださることで、私自身が勇気づけられていくのを感じた。
「勇気づけ」は循環する。上も下もなく、平等で対等。
そんな心地よい場をこれから、少しずつ増やしていきたい。






2018年05月14日 [Default]
【ディスカッションの力〜実際】
やはぎSTEP第一章。
「好ましくない言動」の4つのパターンについて質問が出た。
「無気力な態度を示す」は、なぜ4番目にくるのか?勇気をくじかれてる度合いが軽く感じるけれど?なぜ1番目ではないのか?

メンバーで感想を話し合う。一章であり、初日だが、体験会を二回経験されているので、はやくもチームワークが感じられ、みなさんオープンに話しやすいようだ。
ご自分の子どもさんとのやりとりを思い出して話してくれる方、驚いたけれどゆっくり順を追って考えている方。「腑に落ちた」感じが伝わってくる方。
これぞグループの醍醐味。まさしく「グループダイナミックス」。

私たちは、つい、子どもが思い通りに動いてくれることを期待してしまう。しかも、笑顔で動いてくれないと、気に入らない。しぶしぶの反抗的な追従では、親も居心地が悪いのだ。
だから一見、反抗してこない「無気力」は、「主導権」よりも軽く感じる。しかし、実は、勇気をくじかれ、主体的なエネルギーを失っているという点で、重症なのだ。

テキストの始めに、「教育とはカルチャーショック」と書かれている。この日、メンバー4人で感じたカルチャーショックは、1人で感じるよりも何倍ものインパクトで心に残るだろう。
こうして学びや思いはお互いの心を与えあい、深まっていくのだ、と実感した。


PageTop