困るのは誰か? - STEP公式

STEP
  • 個人情報保護方針
  • よくある質問
STEP
STEP
2015年05月02日 [子育てコラム]

困るのは誰か?

「早く起きなさい!」
 「宿題やったの?」
 「忘れ物ない?」
 
 子どものためを思って毎日毎日こんなこと言っていませんか?子どもに任せていてもやらないので仕方なく言っているという場合もあるかもしれません。どうしたら自分から進んで宿題をやってくれるのでしょう。実は私が一番知りたいことです。

 しかし考えてみたら宿題をしないで困るのは子ども本人です。寝坊して困るのも子ども、忘れ物をして困るのも子どもです。親が困ることはないはずなのです。しかし保護者として子どもの不出来を指摘されるのは都合が悪い、と思っている自分もいます。結局は親の見栄を子どもに押し付けていることになります。子どもの人生を尊重し、先々を考えて今子どもにどう言葉をかけるか、というのは難しいことだなと感じます。

STEP勇気づけセンター公式ホームページ 
http://www.step-yuukiduke.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る