うるま市「ぐしかわルーム」のブログ | 子育て・しつけ・親子関係でお悩みは、子どもにやる気を持たせる「STEP勇気づけセミナー」

STEP
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
お問合わせ・申し込みフォーム
ブログ
ご覧いただき、ありがとうございます♪

沖縄でアドラー心理学をベースにした、
STEP勇気づけセミナーのリーダーをしている
有吉です♪


沖縄は台風が去ったはずなのに、風が強くて強くて…
もうカーテンがまとまらず、窓際でアイロンしている旦那の体にまとわりついて
大変なことになっています。

窓を閉めたら暑いしねー。
無風のところでアイロンをするというのは、
これ、拷問ですよね( ゚Д゚)
(「アイロン代わろっか♪?」なんて言いません。
だって、暑いんだもん。旦那よ、ごめん。)



ー − − − − − − − − − − − − − − − −



1月から開催していた第3期勇気づけセミナーが終了しましたー!!



途中、子どもさんが体調を崩したり、中体連があったりで
なかなかスムーズに進まなかった時もありましたが、
無事終了。



受講者の皆さんは、
毎回、いろいろな出来事や気づきを話して下さいました。



ちょっとだけ書いてみます。
以下↓


○子どもの深夜徘徊がまったく無くなったこと
(さらに言えば、部活にも入り、成績も上がって、良好な親子関係になったようです)


○毎朝子どもを起こしてあげていたのに、
自分で起きて、学校に行くようになったこと
(お子さんが「最近俺お母さんに起こされていないよね〜」と
話していたそうです)


○STEPを受講する前までは
人生の目標が「誰にも嫌われない『八方美人』」で、
子どもにもそれを求めていたけれど
「完璧を目指す」ことをやめて楽になったこと


○祖母とのかかわりあいのなかで、
感情的になって言い争いになることが多かったが
反映的な聴き方をすることで言い争いにならずに済んだこと


などなど…



すごくないですか??

書きながらもすごい変化だと思います。
鳥肌たっちゃう。
自分の事のように感動しちゃいます。



このチームも、毎回笑いも多くって、私もとても楽しかったな〜。
それぞれの方がそれぞれの方の変化に気づけたり
毎回勇気づけしあったり(^ー^)



このような大きな変化は
受講者の方がまじめに取り組んで
失敗してもチャレンジを繰り返していった賜物だと思います。




今回の感想にもありましたが
「親の対応が変わっただけなのに
子どもの変化がすごい!!!」



皆さんの変化を見ても分かるように
「親が変われば子も変わる」
まさしく、これなんでしょうね〜。



STEPの面白さは
子どもの好ましくな行動を変えるために参加したはずなのに
最終的には自分自身が変化してしまっていること。



もちろん、子どもへの効果はハンパないです!!



その効果は子どもに留まらず、
夫や自分自身の両親、夫の両親、職場の人、友達…にも!!



勇気づけの種があちらこちらに蒔かれていきます。



私もそれぞれの方の気づきや成長に
寄り添わせて頂けて
とても幸せでした(*^-^*)


本当にありがとうございました(^_-)-☆




2016年10月〜第4期を募集しています。


気になっている方、
一緒に勇気づけの種を蒔いていきませんか?
お気軽にご連絡下さいませ(^ー^♪


yuu338810☆gmail.com
(☆を@に変えてね)


(な…長っ!!)


最後までお読みいただき、
ありがとうございました♪

2016年07月08日 [子育て]
ようこそ、いらっしゃいました♪
このブログを読んでくださって
ありがとうございます。

初めまして。
私は沖縄県うるま市でSTEPリーダーをさせてもらっている
有吉です。

初めてブログを書きます。

なんか…とても緊張します(;´・ω・)

今でお伝えしておきますが、
文章を書くのは得意ではありません。

だから、甘い目で見てやってください<(_ _*)>


STEPを必要としている方に情報が伝わったり、
何かの参考になったらいいな〜と思いながら書いています。

どなたかのお役に立てれば、嬉しい限りです。


ー − − − − − − − − − − −



早速ですが
うちの3歳の娘のお話し。

今年の4月から幼稚園の年少さんになった娘。



幼稚園に行き始めのころはそれほどではなかったんですが、
最近になって行き渋りというか、
「幼稚園……行きたくない…」
と肌着を着替えながら泣いちゃうんです。


肌着を着替えることがスイッチになっているようで、
着替え始めるとしくしく…。


上の子も幼稚園が好きじゃなかったので、
「こ、こ、この子も……!!!!!」
というようなショックというか驚きはないんですが、


毎日のように準備をしながら
そりゃあもうしくしくと悲しそうに泣くので
こちらまで悲しくなってきてしまいます。


毎日、繰り返される会話がこちら。



しくしく泣いている娘に


私「みーみー(娘の名前)、
幼稚園に行きたいくないんだね」


娘「うん、行きたくない…」


私「そうか。行きたくないよね」


娘「幼稚園に行かないで母ちゃんと一緒に遊びたい」


私「そうだよね。母ちゃんも仕事を休んで一緒に遊びたいさー」


娘「うん」


私「みーみーは、幼稚園に行きたくないけど、
行かないといけないというのを分かっていて
準備をしているんだね。」


娘「(大きくうなずく)」


私「母ちゃんは、
みーさんが幼稚園に頑張って行っているのを知っているよ
帰ってきたら、たくさん遊ぼうね」


娘「(少し涙が収まり)うん…」


ずっとしくしくと泣いてはいますが、
最後の方は涙も収まり、
本人も自分の気持ちを受け入れてもらったことで
だいぶ落ち着いてきます。


初めてこのような会話をした時に
娘の表情がよくなって
「分かってもらえた!」というような表情になったので、
とても感動したのを覚えています。


それからは毎朝
娘に反映的な聴き方をし、本人の気持ちを受け入れることで、
娘が気持ちを整理するお手伝いをしています。


こうやって
自分の気持ちに向き合いながら、
いつしか笑顔で幼稚園に行くことができるようになるんだろうな、と
その時をとても楽しみにしています。


STEPを知らなかったら
きっと

「泣かないよ!」
とか
「頑張って行きなさい!」
とか
「行ったら楽しいはずよ!」

と本人の気持ちをそっちのけで
こちらの気持ちばかりを押しつけていたんじゃないかと思います。


そういう会話を繰り返すと
娘もイライラ、そして上手に私もイライラ…
イライラ族になっていたんだろうな、と想像できます。


私が穏やかに対応できるのは、
間違いなくSTEPのおかげです。


STEPを知ってよかったー(*‘∀‘)

PageTop