参加者の声7|子育て・しつけ・親子関係でお悩みは、子どもにやる気を持たせる「STEP勇気づけセミナー」

STEP
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
お問合わせ・申し込みフォーム
STEP
STEPセミナーご案内はこちら
公式スタッフブログ
facebook
Twitter

のSTEP勇気づけ実践記 〜参加者の声〜
今日は学校に行くの? 行かないの?
休みがちな息子が変わった! 私も家族も変わった!

写真

私は、夫と中学3年の長女、中学1年の長男、それから義母との5人家族で暮らす主婦です。長男が小学6年生の夏休みを過ぎた頃、学校を休みがちになりました。そこでSTEPへの参加を考えました。アドラー心理学にも関連する「STEP」の存在は何年も前から知っていました。以前から興味もありましたが、9週間という期間を長く感じてしまっていたのです。しかし、今回は息子のこともあり「STEP/ティーン」に参加する決心をしたのです。「STEP/ティーン」のセミナーへの参加を重ねるごとに

「好ましくない言動」で対応してしまっている自分に気づき始めました。また、もう一つ気付かされたのは、学校へ行かないと決めているのは、息子本人だということです。夫とも、親として息子を信じて見守っていこうと話し合いました。「STEP/ティーン」に参加することにより、母親の私が変わるだけでなく、家族それぞれに変化が生まれてきました。夫は息子とお風呂に一緒に入るようになり、コミュニケーションをなるべく多く取るように努めてくれているようでした。義母は、息子に対して過剰な関心を示さないように心がけてくれました。「STEP/ティーン」は、私たちに子どもを信じる勇気を与えてくれました。やがて、息子は小学校を卒業し、中学校からは休むこともなく通えるようになっていました。

6年生の頃は、学校のことを聞こうとしても、「今は言いたくない」という返事しか返ってきませんでした。しかし、中学生になった息子との会話で、6年生の担任教師への不信感があったことをようやく話してくれました。確かに、息子は幼い頃から納得のいかないことには動かないタイプでした。子育てをしてゆく中で、先が見えない不安に駆られる時こそ、子どもを信頼し向き合う必要があることを感じました。これからも、想いが通じ合える親子関係になれると信じています。

写真





◆ お問い合わせは
STEP勇気づけセンター
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越4-314-1
TEL 044-541-2505
FAX 044-541-3336
>> メールでのお問い合わせはこちらから >>

このページの先頭に戻る