大嶺本子|子育て・しつけ・親子関係でお悩みは、子どもにやる気を持たせる「STEP勇気づけセミナー」

STEP
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
お問合わせ・申し込みフォーム
浦添市「 経塚ルーム 」リーダー紹介

写真

リーダー・大嶺 本子(おおみね もとこ)

担当エリア:浦添市「経塚ルーム」
ルームまでの最寄駅とアクセス:沖縄自動車道 「西原」ICより車で10分
誕生日:11月7日 蠍座
家族構成:夫・長男・次男
職業:就職相談員(キャリアカウンセラー)
趣味:カフェめぐり、ダンス、最近は自然の中で遊ぶことに興味があります!

写真

写真

写真

▲ 「STEP勇気づけセミナー」は、子どもを理解し、新しい子育ての解決策を発見し、実践してゆくための出発点とも言えるのです。
▲ ほめない、叱らない、勇気づける。STEPの子育てを実践して、より良い親子関係を築いてください。
▲ 私にとってSTEPの考え方は、親子関係のことだけに限らず、仕事や人生においても指針となっています。
STEPに 会ったきっかけ
長男が通っている保育園の園長先生からお誘いがあり父兄数名でSTEP を受けました。 園長先生もSTEPを受講されていて、「子共を変えるのは親が変わることが大事」との考えに基づき子共の成長だけでなく、親の成長にも関心を持っていらっしゃいました。同じ園児を持つ親たちなので毎回楽しく、またお互いに勇気づけあいながら参加することが出 来ました。
STEPに参加した
当時主人は転勤中だった事に加えて、次男も生まれたばかりで私一人で孤独に子育てをし ていました。やはり子共が 2 人になったことで、余裕がなくなり上の子に強くあたることも多くなり、自分ではなくなってしまう場面も多く感じました。悩みを打ち明ける場所も 欲しいし、もっと楽に子育てがしたいと思いすぐに STEP への参加を決めました。
STEP 育て経験エピソード
当時下の子が新生児だったので、上の子の「好ましくない行動」の目的という事に注目して観察することが出来ました。そのことで私が感情的に反応する事が減り上の子との関係が良くなったのを実感しました。大きくなってからは兄弟喧嘩に巻き込まれることから開 放され、一番大きかったのは思春期の過ごし方だと感じています。様々な情報で不安に陥りそうになる時、「私にはSTEPがある」と自分と子共を信頼して建設的に過ごす事ができました。これは輝く女性として(働いていても、働いていなくても)とても助けになるモチベーションだと思います。
これからSTEPへ参加する方へ えたいこと
子供がいても、いなくても、人間は常に人とのコミュニケーションの中で生きていきます。 私はたまたま親子の関係で勉強するきっかけになりましたが、STEP の考え方が仕事や、人生の指針になったのは間違えありません。様々な考え方を聞くのも大好きですが行き着くのは同じことだな~と感じることも多くあります。「実際のケースを元にわかりやすく考える学習スタイル」もしっくりきました。今でもテキストには自分の気付き(心の声?) が記入されています。知人に子育てにマニュアルはいらないと言われたことがあります。 これはマニュアルではなく自分の気付きだと思います。正しい応えを紹介するものではなく、自分なりの気づき、自分らしさを見つけていくワークだと思います。何も難しくありません。まずは体験してみてくださいね!

PageTop